こんばんは!

南国アフィリエイターのマロロスです(*^-^)ゞ 敬礼♪


■SEO先進国?■

せっかくのフィリピン滞在中ですので

少しはアフィリエイターらしき話題も・・・


以前、このメルマガでもご紹介したこのサイト
↓↓
http://malolos.xsrv.jp/web/740/


もう、何回みても激うけなわけですが^^
バーグハンバーグバーグというところが

プロデュースしています。


この会社の名前自体がすでに、うけますよね☆



で、そっち系の企画は、そのサイトの話題性はもちろんのこと

面白いと思った人は、例えばFBの「いいね!」を押したりして

より拡散されるわけです。




という情報を頭に入れていたマロロスは

いまフィリピンの若者に、にわかに人気の動画




マーケティングの一種であることは間違いないのですが

最新のSEO対策の入り口になっているのでは?


とかんぐっております♪




ところが、この動画のタイトル「Gangnam Style」

というか、オリジナルですが・・・


日本人として、非常に思うところがありました。


また機会があったら、書こうと思います。




マロロス詳しすぎる過去シリーズ^^

本日は・・・

☆小学生時代その1!☆


人生のピークを過ぎたマロロスではありますが

小学校時代もそれなりに楽しみました。


生まれたのは神奈川ですが、

小学校3年まで住んでいたのは

実は東京の国分寺市。


集団登校だったんですが、

1年生の時に、5年生のお姉さんと一緒に

楽しくルンルン登校♪



たった4歳差ですが、

当時はものすごくお姉さんに感じました。



で、自宅から小学校までがたったの5分!

学校や通勤先が近すぎて悔んだのは

今も昔もその時だけです^^


学校が近いと言えば、信じれない事件が

1週間に1回、1か月ほど連続して勃発。


なんと3歳下の弟がマロを探しに

小学校の教室まで来てしまうのです!!


関西風にいえば、まさに


「ありえへん」


で、来るといつもクラスメイトが

教えてくれるシステム^^


「マロの弟また来てるよ」


も~う、しょうがないな~

兄貴に会いに来るなんて

なかなか、かわいい弟だ。


・・と思ったのもつかの間

彼からは驚愕のセリフが


「オネエタンタチドコ?」


は?


「オネエタン」


え~、私の聞き間違えでなければ

若干3歳時の彼は


「お姉さんたちどこ?」


と聞いてるようですね☆

っておい!


お前、3歳の時から

どんだけ女すきやねん!


という風に、国分寺時代は

なんとも奇妙な兄弟を

演じておりました(-"-;A ...アセアセ


で、それまでは家にお風呂もない

貧乏暮らし。


まだ小さかった弟はお袋と、

親父と風呂に入り、風呂上りに飲む

コーヒー牛乳。



今考えると、何もかもが

あったたかったな~☆



そんな貸家生活とも別れを告げたのが

マロが小学3年の夏。


親父の知り合いの関係で

埼玉の入間市にお引越。


航空自衛隊の町、狭山茶の町として

有名です。



やっぱりね、あるんですよね転校すると。

何だかわかりますか?


「い・じ・め」


です。


転校したばっかりは基本的にみんな優しい。

ところが段々と、周囲の見る目が変わってくる。


「なにかおかしい」


教室の空気がいつもと違う。


そう思った時には、

もう、しかと、しかとの嵐。


でも、小学生のこんなのって

そう長くは続かない。


しばらくしたら、収まりました。

メインの原因は東京から

引っ越してきたから(都会っ子)ですって。


山形とかに引っ越してたら

どんだけいじめられるんだよ、俺^^;
(いや、山形は一つの例です^^)


まあでもマロの心の中には

深い傷が残りました・・


それは、いじめの首謀者が、

なんと転校してきて一番最初に声をかけてくれ

通学も一緒にしていた友達だったということ。


もちろん、こちらにも非はあったのだろうけど

なんというか、初めて人が信じられなくなった

瞬間でした☆


と今日はマロの一つ目の暗い過去で

おしまいです☆



【追伸】

現在、ちょうど暗くなった頃。

Khean君の、お誕生日会がさきほど最高潮に達しました!


こっちはちょっとしたパーティーには

各家庭でカラオケを借りるのですが、

パーティーがはじまる前から、

大音量でBGMが流れはじめております!


私も、持参のビデオカメラ片手に

カメラマン役を名乗り出ました!!


次回、すこ~し誕生会の様子を

ご紹介できると思います!!



今日も、そこにいてくれて

ありがとうございます!

あなたに、感謝!感謝!です<(_ _)>